認知・判断・操作に影響を及ぼす要因とは

自動車を運転していると誰しも危険な状態に遭遇することがあります。
そのような場合に最も大事になってくるのが事故回避能力になります。
これは、運転者が危ない状況を目で確認しその状況が脳に伝わり、手や足に伝わり危険回避行動を起こします。
例えば、危険を避けるためにハンドルを切ったり急ブレーキで制動をかけたりする行動です。
これには、認知の時間と判断の時間操作にかかる時間がどれだけかかったかによって危険を回避できるかに影響します。
人間は、年齢を重ねるにつれて判断能力は衰えてきますし、脳からの指令のスピードも衰えてきます。
しかし、運転熟練者になると長年の運転のカンから危険を先に察知することもできます。
運転中はいつどのような場面で危険がやってくるかわかりません。
気を緩めることなく、危険と判断されるような道路では人が飛び出してくるかもしれないと言った危険予知能力も必要になってきます。
これは普段から危険予知の訓練を行っていれば身につくものです。
危険な場面を想像して、その場面ではどのような危険が生じるか考えどのような運転を心がければいいか考えることによってその危険予知能力は増していきます。
普段から練習している必要があります。

Comments are closed.