運転中の疲労は目からくる

長時間運転していると疲れるものです。運転をするときは手と足を少し動かすだけであまり力を入れていないようですが実はかなり疲労します。
頭も使っていますし目を酷使しているからです。
起きている間は誰でも目を使っているものですがただ何となく開けているのとは違い、運転している間はあらゆるところを見て注意しなければいけません。ですので何もしていない人と比べてかなり疲れてしまいます。
疲れた状態でそのまま運転しますと判断能力が弱ってしまい、ふとしたときに運転ミスをしますので大きな事故につながってしまうのです。ですのでもしも疲れたと思ったときには休憩をしましょう。
高速道路で運転をする場合には途中のパーキングエリアで少し休憩をとってください。寝るとリフレッシュできますが寝なくてもた瞳を閉じているだけでもかなり疲れを取る事ができます。
そして癒されればまた判断能力が冴えてきますので安全運転ができるのです。
長時間の運転は視力を悪くする原因にもなります。これもリフレッシュすればまた元通りの視力に戻ることもあるので休憩は大事です。
意外と運転は体力を使うものですので自分ではそれほど疲れてないように思っても休息を入れてください。

Comments are closed.