【重要】飲酒が及ぼす影響について

自動車でアルコール摂取後に運転をすれば非常に重い罪にとわれます。少量なら大丈夫と思ったとしても、非常に危険な行為となります。アルコール摂取後は認知を低下させます。自動車の運転中には視界にうつる全ての物に警戒します。他の自動車や歩行者、標識や障害物などに気を配り安全に運転することが必要です。アルコールが含まれていると、視界も悪くなり障害物などを見逃しやすくなったり、距離感も曖昧になってきます。周囲の変化に対する認知が薄れ、その結果判断も遅れます。急な飛び出しがあったり、自動車のわり込みがあったりした時には反応が遅くなり危険度が増します。走行中は常に動きや変化があり続けるので、それらを冷静に見て判断をすることになります。しかし、アルコールが含まれていると判断力が大きく低下することになります。操作にも大きく影響を与えます。飲酒によって興奮状態となっており、大胆な操作となりスピードが上がったり、慎重な操作ができにくくなってきます。通常とは違った状態となっており、そのことに対する自覚症状が薄れ、自分では問題ないと思っていても実際には大きくことなります。認知や判断力、操作など全てにおいて大きな影響を与えることになります。

Comments are closed.